ポスドクと博士人材のキャリアを支援する

  • ENGLISH
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • FAQ
  • サイトマップ
sp

HOME > 講義・ワークショップ > 講義・ワークショップ等の報告 > 第2回「高度専門キャリア形成論Ⅰ・Ⅱ」の講義報告です(令和年度)

講義・ワークショップ講義・ワークショップ等の報告

第2回「高度専門キャリア形成論Ⅰ・Ⅱ」の講義報告です(令和年度)

2019年06月12日

令和元年5月16日(木)、品川キャンパス 白鷹館2F多目的スペース              第2回高度専門キャリア形成論が開催されました。


『商品企画開発で活躍するOBOGのキャリアと働き方』
 阿南 亜夢氏・野村 大祐氏

今回は2名の外部講師をお招きして登壇していただきました。


 ~顧客視点の仕事を通して成長する~
阿南 亜夢氏 株式会社オリエンタルランド 商品本部 

05151.pngのサムネイル画像
*学生時代は、すべてに全力投球!とにかく楽しかった。
 海外で1か月間のダイビングやアルバイトなど学業以外も全力で取り組んだ。就職活動もバリバリ働くキャリアウーマンをイメージしてやり切った。最初に就いた職場は水産会社の品質管理室。商品表示・規格書チェックやクレーム対応など幅広く経験して、品質管理の基礎を叩きこんでいただいた。

*より消費者に近い仕事をしたいと転職を決意
  大学の就職活動時代には、入社後10年間の大まかなキャリアデザインを描いていた・1~3年目はとにかく仕事を覚える『成長期』・4~5年目は技術の幅を広げる『成熟期』・6~8年目は新たな環境での技術を確立する『転換期』・9~10年目は新たなプロジェクトの創出『実現期』ーと経歴と重なっており、この先迎える11年目には新たなステージへ駆け上がりたいと考えている。

*広い視野をもって仕事で成長していきたい
 担当の枠にとらわれることなく、広くアイデアを提案できるようになりたい。周囲の方々をお手本に日々勉強中。様々な視点から会社への理解を深めて、成長していきたいと強く思う。学生時代イメージしたキャリアウーマンではなく、「穏やか・冷静、だけど熱い凄ウーマン」を目指します。

《学生へのメッセージ》 
    1日1日を大切に、学生時代を大いに楽しんでください。就活では自分の軸を再確認することが大切。何事もしっかり考え抜き、たくさんの体験を積もう!迷ったら周りに相談しよう!

~プロの意識がキャリアの源泉と心得る~

野村 大祐氏 日清食品冷凍株式会社 営業本部

05152.png

 *大学ではダイビングに明け暮れ、1年間休学し東南アジアで過ごす
  釣りが大好きサッカー少年が水産大学に入り、5年間ダイビングにはまった青春。現在もサーフィンやキャンプ・料理などが得意で、アウトドアの楽しみが尽きない。ワークとライフの統合を意識し、仕事と私生活ともに充実した日々を送っている。  

*水産会社を辞して、日清食品に転職~そして挑戦の日々
 現在は日清食品冷凍(株)営業部で商品開発にも直接携わり、社内の各部署との連携を深めている。営業は最も消費者に近いところに居り、お客様の声を吸い上げて、新商品開発に繋げる役割を担っている。市場調査、商品設計、デザイナーとの協議など多岐に亘る業務を経て、コンビニチェーン本部との折衝を繰り返した結果、成約できた時の醍醐味は営業マン冥利に尽きる。毎日が自己研鑽の連続だ。

*プロとして成果を残すために
 AI時代を迎えて、人の仕事がロボットに奪われていく。どんな時代になっても価値を提供し続けられるプロとして生きていくためには、①多くの体験を通して人生の選択肢を広げる②成果を出し続けるために技量の幅を狭めないことが大切だ。これからは「働くことは選択していく」時代に入っていく。良いキャリアとは人生のオプションを拡げて、自分の意思で選択することだと実感している。

 

《学生へのメッセージ》
 一人ひとりが能力を最大限に発揮し、生き生きと働く!皆さんのそんな未来に期待します!

 今回の講座には71名の参加がありました。 

                                                       以上

PageTop