ポスドクと博士人材のキャリアを支援する

  • ENGLISH
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • FAQ
  • サイトマップ
sp

HOME > 講義・ワークショップ > 講義・ワークショップ等の報告 > 第7回「高度専門キャリア形成論Ⅰ・Ⅱ」の講義報告です(H30年度)

講義・ワークショップ講義・ワークショップ等の報告

第7回「高度専門キャリア形成論Ⅰ・Ⅱ」の講義報告です(H30年度)

2018年12月07日

平成30年11月16日(金)、品川キャンパス 2号館100A教室、    第7回高度専門キャリア形成論が開催されました。


『企業の第一線で活躍している人に聞く』
 片瀬 冬樹氏・守田 敏宏氏

今回は2名の外部講師をお招きして登壇していただきました。


 ~海洋調査の最前線で働く技術者として~
片瀬 冬樹氏 国際航業(株)技術サービス本部 

片瀬さん.jpg*海洋調査会社3社に絞り就活、技術に定番のある大手企業を選んだ
   小学校以来、海へのあこがれが強く本学に入学。生涯海に関わり、貢献したいと海洋調査の仕事を迷うことなく選んだ。入社以来10年間ずっと海洋の現場で調査と技術開発の業務に邁進してきている。2014年から2年間、東京大学生産技術研究所に出向、海底鉱物資源探査研究に従事し、技術士の資格も取得して帰任した。

*キャリアデザインによる目標設定と入社10年間の軌跡
  大学の就職活動時代には、入社後10年間の大まかなキャリアデザインを描いていた・1~3年目はとにかく仕事を覚える『成長期』・4~5年目は技術の幅を広げる『成熟期』・6~8年目は新たな環境での技術を確立する『転換期』・9~10年目は新たなプロジェクトの創出『実現期』ーと経歴と重なっており、この先迎える11年目には新たなステージへ駆け上がりたいと考えている。

《学生へのメッセージ》 自分の未来と向き合おう!
    『自分がどうなりたいか絵を描こう!』常に「今やるべきことは何か」を考えることだ。自分の人生の軸を持とう!入社1日目から社会人である。OB訪問して社会人先輩の話を聴くことは有効だ。・好きな仕事と胸を張って言えるか・まずは社会人たるものお金を稼ぐこと!やりたいことがあるのなら、与えられた仕事で結果を残してからモノ申す!「ありがとう」がもらえる仕事を目指してください。

大学時代から自分の働き方をイメージして、社会に入ってそれらを着実に実現してこられている先輩から、プロの仕事師 としての力強いメッセージをいただきました。

弁理士としての私のキャリア形成

守田 敏宏氏 弁理士:都内特許業務法人勤務

守田さん.jpg

 *大学大学院での専攻と進路転向
  入学した当初は専攻科への進路を考えていた。しかし、永井教授の研究(海洋天然物化学)を知って驚き転学した。化学の知識はなかったが実験に没頭し、その後も大学院で日夜研究を続けたが、思う成果が出ずに挫折感を味わった。博士後期課程への進学も考えたが、遅ればせながら社会に出ることを決意し、ベンチャー企業の電気系開発メーカーに入社した。5年間は新規分野への挑戦で仕事は面白かった。  

*仕事で出会った弁理士への挑戦
 会社では新規企画事業チームを結成して、特許出願を初めて経験した。そこで出会った弁理士の仕事に大いに魅かれた。勤務していた会社の業績が傾いたこともあって、弁理士資格に挑戦することにした。退路を断って会社を退職し、2年間勉強に専念して念願の資格取得ができた。現在は特許業務法人に勤務し、電気系の特許の国内外への出願業務を担当しており、充実した忙しい日々を送っている。

どんなプロフェッショナルも最初は初心者
 プロの弁理士として業務に邁進しているが、始まりは初心者である。仕事を通して最近感じることは『これからは個人の時代』と予想できる。IT時代に突入して、ますます個人で活躍し完結できる仕事の領域は広まるであろう!私は弁理士として、今後アイデアとプロフェッショナルが有機的につながるコミュニティを作りたいと考えている。壮大な構想だが知財ポータルサイトを立ち上げ、準備に入った。

 10年後の未来なんてわからないが、今の自分が10年後の人生を作ることは間違いない。
今やりたいことを本気で取り組もう!やがてオリジナルな人生(キャリア)に繋がるのだ!

 

今回の講座には57名の参加がありました。 
                                 以上

PageTop